こじ【素敵な買い物】

地方の大学生の気ままな日常

【勉強メモ】社会保障論 介護

 

こんばんは。

今日も「社会保障論」の勉強メモです。

 

今日は「介護」について。

f:id:kojikojiy:20190115113810j:plain

べんきょう

 

1.介護保険制度とは

介護が必要な状態である人に対して、

入浴・排泄・食事

などの介護や

看護・リハビリなどの

保健医療サービスを、提供し

能力に応じた自立支援を図ることを目的とした制度。

 

2.社会保険制度における「準市場主義」について。

  • サービス提供者と購入者が直接契約を結ぶ。
  • サービスの価格は需要とバランスによるのではなく、保険点数(介護報酬)として定められている。
  • サービスにかかって費用は、購入者だけではなく、社会保険から支払われる。
  • 介護保険単価は物価によって5種類に区分。

サービスが定められていること

費用を社会保険から支払う

単価が物価によって決まる

などあるため「準市場方式」にあたる。

 

3.かつての制度(老人福祉制度+老人医療制度)と比較した場合、介護保険制度に特徴的な点を説明しなさい。

「かつて」

  • 市町村がサービスを決定
  • 医療と福祉の分野がわかれていた
  • 市町村や公的な団体(社会福祉、協議会など)が中心になってサービスを提供
  • 高所得者にとって利用負担が重く、利用しにくい

「げんざい」

  • 利用者がサービスの種類を決定
  • 医療、福祉のサービスを総合的に利用
  • 民間企業、農協、生協、NPOなど様々な事業者がサービスを提供
  • 所得にかかわらず、利用者は1割負担

かつてと比べると自由度が増している。

1割負担というのがカギ。

 

4.介護保険制度が必要となった経緯について。

・高齢化の進展

要介護高齢者の増加、介護期間の長期化などで介護ニーズがますます拡大したため。

介護には終わりが見えないため、サポートが必要。

核家族化の進行、介護する家族の高齢化など要介護高齢者を支えてきた家族を巡る状況も変化。

「老々介護」なども問題

 

「家族で看る」から「社会で看る」へシフト

 

5.介護保険制度の特徴

  • 自立支援

単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をすることを超えて、高齢者の自立を支援することを理念とする。

  • 利用者本位

利用者の選択により、多様な主体から保健医療サービス、福祉サービスを総合的に受けることができる

給付と負担の関係が明白である

 

他分野にまたがるサービスと有機的に連携。

高齢者のための保険・医療・福祉のケアサービスを統括。

 

 

 

 

こんかいは

「介護」ついてまとめました。

 

今までの記事はこちら

 

www.yussei.work

www.yussei.work

www.yussei.work

 

 

【勉強メモ】 社会保障論 福祉

 

はい。

 

今晩も更新していきます。

社会保障論」の勉強メモ。

 

f:id:kojikojiy:20190115113810j:plain

さんかいめ

 

 

三回目の今日は

「福祉について」

 

 

1.「福祉多元主義」について説明しなさい。

社会福祉の提携主体

  • 公的部門
  • 民間営利部門
  • 民間非営利部門
  • インフォーマル部門(家族、近隣住民など)

2.貧困の非物質的な側面について。

など、社会に対しての地位が低くなってしまったり、声が届きにくい。

個人に対しての攻撃や尊厳にかかわる問題が出てくる。

 

3.健康の社会的要因について。

  • その人の健康状態は様々な社会的要因によって決まる
  • 職場
  • 教育環境

など

4.社会保険制度の三つの目的について。

  • 無差別平等の原理
  • 最低生活保障の原理
  • 保護の補足性の原理

 憲法25条に基づき、すべての国民に対して最低限度の生活を保障するとともに

その自立を助長するもの。

 

5.生活保護の原則

  • 申請保護の原則
  • 基準及び程度の原則
  • 必要即応の原則
  • 世帯単位の原則

これら4原則に従い、級地ごとに保護費を計算

 

 

こんな感じで今回の「福祉」の分野のまとめを終わります。

 

前回、前々回の記事はこちら

 「年金制度」

「医療」

www.yussei.work

www.yussei.work

 

 

【勉強メモ】 社会保障論 医療

 

第三弾の勉強メモ。

今回は「医療」

 

f:id:kojikojiy:20190115113810j:plain

べんきょう

 

 

1.出来高払い、包括払いを採用した場合に起こりうるリスクについてそれぞれ説明。

  • 出来高…無駄な医療を提供するリスクがある 
  •  出来高は来方式は医療行為をした分だけ収益が出るので、必要のない医療行為が行をれるリスクがある。
  • 包括…医療行為を省くリスクがある
  •  包括払い方式は支払額が一定なので少しでも収益を得るために過少に医療行為を行うリスクがある。

2.国民健康保険の被保険者の平均年齢が高くなる理由を説明しなさい。

  • 農林水産や自営業の人も加入しているため。

 

3.日本の医療制度の3つの特徴。

  • 国民皆保険制度(強制加入)
  • フリー・アクセス(いつでもどこでも)
  • 現物給付原則(良質な医療提供)

 

老後資金や家計の見直しをFPに相談してみませんか?

4.アメリカにおいて、公的医療保険に加入できるのはどのような人たちか説明。

  • 65歳以上の人→メディケア
  • 低所得者障碍者→メディケイド
  • 軍関係者→軍関係の保険

伝統的に政府による介入を望まない。

絶対君主制のくにがほとんどだったヨーロッパの移民たちによって作られた国なので。

 

5.社会医療法人について説明

  • 公益性が確保されていると認定された医療法人

 

  • 救急医療、へき地医療などの公益事業などを行う
  • 親族経営の制限
  • 理事長収入の制限  

 などの義務がある

  • 本来業務については非課税
  • 付帯業務と収益事業は軽減税率(30%→22%)

などの特典がある医療法人

  • 「世のため人のため」が強い。

 

 

 

こんな感じで「医療」の単元でした。

 

【テスト勉強メモ】社会保障論

 

今回大学の社会保障論のテスト勉強のメモです。

 

 

f:id:kojikojiy:20190115113810j:plain

べんきょう

今回は「年金」制度について。

賦課方式…現役世代が高齢世代を支える年金制度

積み立て方式…自分の年金は自分で用意する年金制度

 

1.積み立て方式と賦課方式のメリットとデメリットについての説明。

 

賦課方式 メリット

  • 公平性が高い
  • インフレなどの物価変動に強い(物価が上昇しても、年金受給者へ支給する年金の価値が下がりにくい)

賦課方式 デメリット

  • 現役世代が少なくなれば現役世代の負担が大きくなる
  • 世代間での不公平性が生まれてしまう

積み立て方式 メリット

  • 少子高齢化の影響を受けにくい
  • 世代間の不公平感が生じにくい

積み立て方式 デメリット

  • 二重負担となる
  • 賦課方式に比べインフレに弱い
  • 長生きに弱い

 

2.年金の階層構造について

  • 1階「国民年金」…日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入。
  • 2階「厚生年金」…会社などに努める人が加入。

 

  • 第1号被保険者…自営業、農家、無職。など
  • 第2号被保険者…サラリーマン、公務員
  •   サラリーマン(厚生年金)
  •   公務員(共済年金
  • 第3号被保険者…第2号被保険者の扶養者配偶者

サラリーマンは失業や定年などで働けなくなり収入がなくなるため2つに加入する。

自営業者は定年がなく高齢になっても収入を得ることが可能なため。

 

3.現行の賦課方式をとった場合、少子高齢化によって財政が厳しくなることは明確である。そのための解決策をあげなさい。

  • 保険料の支払い年齢の引き下げ
  • 支給額の引き下げ
  • 保険料率の引き上げ
  • 支払い年齢の引き合げ

4.公的年金年金制度がなかった場合に起こりうるリスクについて

将来のことを考えずに「今が良ければいい」というスタンスの人が増えた場合、老後働けなくなった場合に他人の力を借りる割合が多くなってしまったり、生活保護を受給すればよいというモラルハザードが起こる可能性があげられる。

また、私的年金制度では保険制度の逆選択問題が起こり保険制度が成立しないというリスクがある。

現在のお金の価値と40年後にもらうお金の価値が大きく異なったりし、インフレに民間の保険だと対応がむつかしい。

 

 

こんな感じで年金制度のまとめです。

【マーケティング論 の授業のやつ】 

 

 

はい。

今回は大学のマーケティング論の授業内課題で自分が書いた内容について

ここにメモしておきます。

 

前回の授業の復習としてテーマに沿って20分間で書け。

という課題です。

 

今回のテーマは

 

キットカットが競争の中から生み出した受験生応援バージョンは、製品自体というよりも「食べて心が和んだ、励ましを得た」という経験を売る経験価値マーケティングという新しい手法である。

そのほかに経験価値マーケティングを実施している企業にはどのようなものがあるだろうか。例を一つ上げて論じなさい。」

 

 

です。

 

自分が経験を売るマーケティングを実施していると考える企業は「コカ・コーラ」だ。

例として代表商品である「コカ・コーラ」はクリスマスのイメージが強くあり、クリスマスバージョンのパケージのコカ・コーラはクリスマスの食卓に置いたときに華やかで雰囲気を合出てくれるという面から経験を売るという面でのマーケティングを実施していると考える。 また、クリスマスになると500mlのペットボトルではラベルがリボンになるしくみが施されており、コーラを飲んで楽しむだけでなく、置物などとしても楽しむことができそれも経験になると考える。

そのラベルで当たりが出たらケーキがプレゼントされるというキャンペーンがあるため冬の時期のコーラはクリスマス仕様がたくさん詰まっており、CMもクリスマスは特に華やかさがあると感じる。コカコーラ=クリスマス」という意識を顧客にうえつけ

コカコーラのあるクリスマスは華やかで幸せであるという経験価値を生み出していると考える。

 

 

と、いう内容です。

改めてみてみるとなんかひどい分ですね。

 

 

こんな感じで「メモ」でした!!

【前澤友作の100万円お年玉企画について思うこと】夢を語ろう

 

 

こんばんは。

 

今回はテレビやニュースでも採り上げられている

前澤友作 社長」

の【総額1億円のお年玉】

という企画について

 

 

ZOZOTOWN新春セールが史上最速で100億円を突破したということで

前澤社長個人からRTとフォローで抽選100名に

100万円をプレゼントするというこの企画。

 

この企画からみえた

 

について書いていきます。

 

 

 

まずは自分が目にしたニュースやTwitterでのコメント。

マイナス
  • 売名、広告
  • 法的な問題
  • 100万円に群がるやつらが痛い
  • お金に目がくらんで飛びつくやつら
  • おかしな世の中になった
  • 慈善活動に使え
  • フォロワー回収

 

などがマイナスコメントの多くを占めている印象でした。

 

 

プラス
  • 触発されてほかの人も現金のプレゼントキャンペーンをする
  • キャンペーンで夢のかなった人がいる
  • 触発されて現金プレゼントキャンペーンをする人が出てきて
  • フォロワーの増加
  • RTの世界記録

 

プラスになったと思う出来事はこんな感じ。

 

マイナスなコメントは基本的に

  • 前澤社長やお金についてよく知らない人
  • マウントを取りたがる人

が多いのかなという印象です。

 

「慈善活動にお金を使え」

という声が多いのですが、前澤社長の災害や貧困支援に関する思いをまとめた

notoが公開されているので、読まれていない方はぜひ。

note.mu

 

日本では「慈善活動」をしてる人に対していい印象を持っていないのかなともおまいます。

実際活動はされていてもあんまり報道されないし、「売名」とかそういうこえが投げられることも多いと感じます。

 

そもそも日本では「お金を稼ぐこと」=「悪」という考えをしている人が多いです。

また、「お金は汗水たれして稼ぐもの」「お金持ちは怪しい」など、

お金に対するイメージが悪いのと、お金を稼ぐことが悪いことのように受け取られることが多いため、お金持ちの人は攻撃を受けやすいという面もあります。

 

その日本人の考え方みたいなものがマイナスなコメント欄の中では多く表れているのかなといった感じです。

 

 

 

プラスな面として自分が注目した点は「フォロワーの増加」

という点にちゅうもくします。

 なぜフォロワーの増加に注目するのか

第一にフォロワーが増えることで自分の考えをより多くの人に届けることが可能になるということです。

 

 

このツイートのような前澤社長自身の考えがより多くの人につながるという点があります。

その反面前澤社長はツイートに気を使わないといけないという面もありますが。

 

今回「Twitter」というSNSと多くのお金を使い話題性や夢を生み出したこのキャンペーン。

今後のSNSマーケティングの手本となるキャンペーンかもしれません。

「お金は使えば使うほど増える」という考えも広がると思います。

 

最後に

 

ふつうに、もし自分が大金を誰かに譲るならば、「夢」や「目標」のある人に

そのお金を譲りたいです。

きっと多くの人がそうであると考えるし、きっと前澤社長もそうであると思います。

もちろん災害や恵まれない人のためにお金を寄付するのも立派だと思います。

 

しかし今回このキャンペーンを通して

「夢を語れる人のところにお金は集まる」

というお金の流れが現実に、しっかりと多くの人に伝わったのでは?

と感じます。

前澤社長はしっかりリプを見てから当選者を決めたという見方もできますし、こんかいのこのキャンペーンをきっかけとして、お金の流れに新しい道が開けたらなと思いました。

 

 

なので皆さん一緒に

「夢を語りましょう」

【あけましておめでとうございます】2019年スタート

 

あけましておめでとうございます。

 

「ゆっせい」です。

 

今年もよろしくお願いします。

 

去年は高校卒業

大学入学という学生生活のさいごのステージに立ちました。

 

たくさんの出会い

環境の変化

心境の変化

 

がありました。

 

今年はやるべき事を一つづつやっていくってのはもちろん、

やらないことを見極めるというのをテーマに

 

無駄にバイトをしない

無駄に勉強しない

時間を無駄にしない

 

しないことにフォーカスしながら過ごしていきたいと思います。

 

努力よりポジション取り

情報発信者

情報強者になる

物事の本質を見極める

 

さぁ、今年も頑張って生きましょう。

よろしくお願いします。

【はてなブログproに!!】 独自ドメイン取得!!

 

 

こんにちは。

 

ブログ開設一か月がたち、続けていけそうなので

はてなブログpro 

になりました。

 

 

それと、独自ドメインを取得しました。

 

いやぁ~。

思ったよりも設定が面倒だし、お金もかかるんですね。。。

 

 

気持ち的には、こっちのブログよりもう一つのほうが続けれそうです。笑

 

 

kojikoji.hatenadiary.com

まあ、いろいろ行動しながら軌道修正をって感じです。

 

 

 

www.yussei.work

 

 

 

 

 

【#新世界】を読んでみて。信用経済

今回は西野亮廣さんの

【新世界】を読んでみたという日記です。

 

 

 

「新R25」にて無料公開されていたのでいっきに読みました。

そこで今回は「信用」というワードにフォーカスしてみた

 

 

本書では「信用経済」というワードを使い

信用→お金 へと変わるロジックが紹介されていた。

 

1.ホームレス小谷さん

 

ホームレスの小谷さんは自分の一日を

なんとら50円で販売して鬼ごっこの人数集めや草むしりなどをしていたそうで、

そこからご飯をご馳走になったりするなどして

信用を集めた。

50円なんてほぼボランティアみたいなものだと思ったが

「お金を貰う」「お金を支払う」関係ではないためその間には「信用」が生まれたと考える。

 

もちろん小谷さんの人柄があるからだとは思うが。

 

このようにして集めた信用がお金として換金される仕組みとして

クラウドファンディング】 

を使うなどして信用を換金している。

 

つまり、小谷さんは

「お金はないが、お金には困ってない」

という謎現象を操る人である。

 

まさに「信用経済」の象徴的人物では???

と感じた。

 

また、「信用経済」が生み出すお金の流れを利用した

「しるし書店」

というものが紹介されていた。

 

簡単に説明すると

読んだ人の足跡を残したままの本 

である

 

普通、本を売る時は綺麗な方が売りやすい。

美品、書き込みなし

と言った具合だ。

 

しかしここでは

「書き込み」に注目している。

 

信用度の高い人の書き込みを本に残すことによって

その本に付加価値をつけているのだ。

 

例えばサインだ

ただの色紙に信用度の高い人が

訳の分からないような自分の名前を書くだけで

その紙切れの価値は一気に上がる。

 

と言った具合でここでも

「信用」→「お金」の流れができている。

 

 

2.認知度と信用度について

これについては

信用度と認知度の表があって

 

f:id:kojikojiy:20181222132126j:image

 

ここでは

おでんツンツン男などは

「信用度」はめっちゃ低いが「認知度」はとても大きいという表になっている。

 

なんとそこのゾーンに「多くのタレント」が入っている。

例として本書では

子供が買いたいものを選ぶ時にタレントではなく「信用度」の高い一般人を参考に商品を選んでいる。という点だ。

 

理由は簡単で

タレントは演技をするから」

これはこれでしょうがない気もするが、

本書では

嘘は環境によってつかされている

ということも述べられている。

タレントはタレントで演技したり嘘をついたりしなければいけない環境に置かれていて

それによって嘘をついてしまう。ということ。

 

まずい、とか、良くないとかいうタレントは

使いにくいですもんね。

 

しかし、この表にあるように

「認知度」と「信頼度」の高い人もいる。

 

自分で考えてみたが

坂上忍」や「長嶋一茂」などもここにあてはまるのではないか?

と考える。

 

正直にものを言う

 

ということが評価される時代

信用がお金を生む

それが

「信用経済」というなの「新世界」である

 

 

 

 

 

 


新世界 [ 西野 亮廣 ]

 

 

 

【劇的変化??】ブログを初めて3週間での変化

 

 

 

 

 

こんばんわ。

 

ブログを初めて3週間が経ちました。

 

「アウトプット全集」を読んだのをきっかけではじめたブログ。

 

kojikojiy.hatenablog.com

kojikojiy.hatenablog.com

 

この3週間で新しく得たこと、意識変化などを伝えていきます。

 

 

  • アウトプット前提のインプット
  • 情報収集力
  • お金について

 

 

この3点にまとめていきます。

 

まずは、

アウトプット前提のインプット

 

具体的にどのように変化したかと言うと

「メモを取りながら読むようになった」ことです。

 

本を読みながらiPhoneのメモ機能を使って読んでいます。

例えば 「バカと付き合うな」

f:id:kojikojiy:20181221225549p:plain

 


バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]

 

 

こんなかんじです。笑笑

 

2.情報収集力

 

ブログと同時に始めたのはTwitterです。

元々やってたアカウントとは別のアカウントで

主にインプット重視で利用してます。

良かったらフォローお願いします🙇‍♂️

 

 

自分はあんまりリプライを送らないので、送れるように意識しながらやってます。

 

たまに「note」も更新してるので是非。

note.mu

 

 

3.お金について

お金については随分考えが変わりました。

「信用経済」「デジタル情報化社会」「情報強者」「努力よりポジション取り」

 

このワード達が自分のこれまでの「お金の稼ぎ方」についての考えを変えました。

  • 信用がお金を生むこと
  • 情報を発信する側と受け取る側でのお金の流れ
  • 努力する場所について

 

これらを意識しながら自分の考えを持ちながら行動です。

 

 

 

kojikojiy.hatenablog.com

 

 

これからも更新していきますので

よろしくお願いします!

 

 


学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]